凍頂烏龍茶の、すっきりした飲み口が好き

最近好きなお茶は、凍頂烏龍茶。
普通の烏龍茶との違いは、ズバリ味!
…なのですが、その前にまず、色が違います。
烏龍茶が濃い茶色なのに対して、凍頂烏龍茶の色は、それよりも二段階ほど明るい、琥珀色。
はじめは「薄い烏龍茶?」と思ってしまったくらいです。

そして味のほうですが、これがもう絶品。
何とも言えない香り高い風味が、鼻にふわりと抜けていきます。
ペットボトルで売っているものも美味しいですが、ぜひ一度お茶っ葉を買って飲んでいただきたいです。
もともとは台湾の品種だそうで、私も凍頂烏龍茶の茶葉との出会いは台湾ででした。
ですが、日本でも茶葉を手に入れることができます。

そして台湾では「烏龍茶」といえばこの凍頂烏龍茶のことを指すそうです。
台湾に旅行に行ったときは、だいたいどこのレストランでも、このお茶が出てきました。
お茶っ葉の入ったポットが出されるのですが、何度でも無料でお湯を注いでもらえます。
一度目の濃く出た味も良いですが、三度目、四度目あたりのほのかな風味が感じられる程度の味わいもまた格別なものでした。

台湾の料理は日本の料理より油っこいですから、食べたあとは凍頂烏龍茶で口の中をさっぱり、というこのサイクルがぴったりはまるんですよね。
自宅でも最近は、中華のときには凍頂烏龍茶を淹れて楽しんでいます。

(兵庫県 Y.Mさん)

たんぽぽ茶の口コミ