ハイビスカスティーがおすすめ

これから暑くなってくる季節、おすすめしたいのがハイビスカスティーです。

真っ赤のハイビスカスティーはとってもキレイです。

冷やしておいて、レモンを浮かべると涼しげなドリンクになります。

お客様に出すと喜ばれますよ。

ハイビスカスティーは酸っぱいんです。

この酸っぱさの正体はクエン酸。

クエン酸は疲労回復にとってもいいのです。

そして、食前に少し飲むと、カルシウムの吸収率を上げてくれるとも言われています。

ビタミンCも含みますので、美肌効果も期待できますが、もしあればローズヒップの茶葉を足すとビタミン効果も風味もアップするでしょう。

また、カリウムを含んでいますので、利尿作用もあり、むくみ解消にもつながるでしょう。

お好みの分量のハイビスカスティー茶葉に熱湯を注ぎます。

色が十分に赤くなったら、茶葉を取り出します。

少し熱が残っているうちにハチミツなどで甘さをつけると、飲み易くなりますよ。

ハチミツは溶けにくいですが、面倒な場合は水出しもできます。

茶葉8gに500mlの熱湯で少し濃い目のハイビスカスティーができます。

濃い目に作っておいて、オレンジジュースで割ると子供さんでも美味しく飲めるでしょう。

夏にオススメのハイビスカスティー、きっとクセになりますよ。

(大阪府・さっちんさん)

性交痛 薬




美味しい紅茶で癒されタイム

私は紅茶が大好きです。
様々な話題のお茶を今まで試してきましたが、もう絶対に欠かせない位お気に入りのブランドが二つあり、ご紹介したいと思います。
一つ目はマリアージュフレールのマルコポーロという紅茶です。
マリアージュフレールはフレーバーティーで有名かと思いますがこちらもベリーの香りが凄くいい香りでとても美味しいです。
ブラックの気品のある容器やパッケージも素敵ですし、お値段は少々張りますが、本当にそれだけの価値を感じます。
私は大切な友人のおもてなしの際や、自分へのご褒美ティータイムに必ず淹れてゆっくり楽しむ事でとても幸せな気分でリラックスできます。
マリアージュフレールを特別な時に淹れて、普段気軽に楽しむ用として大変気に入っているのがルピシアというブランドです。
ルピシアは50グラムから茶葉を購入でき、比較的リーズナブル、紅茶、日本茶、中国茶など種類が大変豊富な点がとても魅力的なブランドです。
シルバーで平たい丸型のパッケージにはステッカーを用途で選べたりするのでちょっとしたプレゼントやお礼の品としてもよく利用しています。
自宅用しては毎年夏とお正月に福袋を購入して、お得にストックするようにしています。
色々なフレーバーを気軽に試したい方にオススメです。
どちらも私にとって癒しの欠かせないお茶です。

(宮城県 はな。さん)

たんぽぽコーヒー




ローズヒップティーとウーロン茶

私がおすすめするお茶はローズヒップティーとウーロン茶です。

まず、ローズヒップティーはビタミンCが豊富に含まれています。

そのため美肌効果があると言われています。

また、鉄分やリコピンなど女性にとってうれしい成分が含まれています。

私は1日1杯は飲むようにしていますが、肌荒れがひどい時は2杯飲むように心がけています。

ビタミンCが多いせいか肌荒れが少し改善するように思います。

アイスでも飲めるとは思いますが、私は夏場でも内臓を冷やさないようにするためホットで飲んでいます。

ローズヒップティーは少し酸っぱいので砂糖を入れすぎる人がいると思いますが、そうなるとカロリーが高くなるので注意が必要です。

どうしても酸っぱくて飲めないという人には蜂蜜を少しだけ入れて飲むのがおすすめです。

もう1つの私のおすすめのお茶はウーロン茶は、脂っこい物を食べた後には絶対に飲んでいます。

そうすることによって日本茶を飲んだ後よりもさっぱりとした感じがします。

また、次の日に胃もたれすることが減ったような気がします。

ウーロン茶も私はできるだけホットで飲むようにしています。

私が飲んでいるウーロン茶はそんなに高価なものではありませんが充分美味しいです。

お茶によっていろいろな味があるので、好きな味を探して飲んでみるといいと思います。

(広島県 みけねこさん)

イリーゼ




紅茶のおいしい飲み方

お茶は好きで、今まで色々なものを飲んできましたが、一番自分に合っていると思ったものはありきたりですが紅茶です。

私は特にミルクティーにして飲むのがお気に入り。

なので、紅茶の産地は色々とありますが、ミルクに合うとされているアッサムがメインのブレンドティーを気が付けば選んでいる気がします。

今現在気に入っている紅茶は、『アフタヌーンティー』のオリジナルブレンド。

ミルクと相性の良いアッサムとニルギリの茶葉がブレンドされています。

これでミルクティーを淹れて、チョコレートやクッキーでティーブレイクなんて、本当に至福のひと時です。

さて、この紅茶。

おいしいだけでなく健康にも良いのです。

紅茶を飲むようになってから、その健康効果にも目が行くようになったのですが、紅茶は発酵食品なので腸内環境を整えてくれます。

また、東洋医学的な考え方からいくと、発酵食品は体を温める食品に分類されます。

これは、冷えや便秘で悩むことの多い女性にはうれしい紅茶の効能ですよね。

私は、さらに体を温めるしょうがでシロップを作って紅茶に入れて飲んでいます。

しょうがシロップ入りの紅茶は体は温まるし、砂糖を入れなくても甘いし、ミルクティーにも合うし、本当においしいと思います。

しかも、このしょうがシロップ入りの紅茶を飲むとかなりの確率で排便出来ます。

ちょっと便秘気味かな?と感じた時は、ジンジャーミルクティーに助けてもらっています。

また、紅茶に含まれているカフェインには、疲労回復やストレス解消などの効果もあります。

コーヒーよりもカフェインの作用は穏やかだそうなので、刺激が苦手な人や子どもさんにも良いかもしれませんね。

その他にも紅茶には、抗酸化作用やダイエット効果なども期待されているそうです。

紅茶はたくさんの種類があり、飲み方も工夫出来るので、色々試してみて、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょう?

(埼玉県  あーすけさん)

レビトラジェネリック 通販