汗との戦いはまだまだ続きそうです

ありえないレベルの汗っかき・・・それが私です。

髪の毛がまるで洗髪した直後のように汗で濡れてしまったり、Tシャツに汗ジミが思いっきりできてしまったり。

顔立ちは涼しげ(多分・・・)なのに、暑苦しいというか。

大人の女性として恥ずかしくなるくらい、夏になるといつも汗をかいてしまいます。

汗をかくこと自体はすごく悪いことではないんですけどね。

肌はどちらかというときれいなほうだし。

でもやっぱり見た目的に恥ずかしいので、自分なりに対策をするようにはしています。

その対策とは・・・。

まずひとつめに「着る服を選ぶこと」。

特に色、ですね。

夏場は絶対グレーのカットソーは着ません。

あれ、すごく危険です。

ブラックかホワイトが多いですね。
汗ジミがわかりにくい色を選ぶようにしています。

次に素材。

テロテロしたものは汗臭くなってしまうものが多いので、あまり選ばないようにしています。

やっぱり綿素材のほうが汗臭くならない気がしますね。

そして、制汗剤。

私はレセナのドライシールドを使っています。

スプレータイプは苦手なので、パウダースティックのほうで。

塗るのと塗らないのとでは全然違いますよ。おすすめです。

たかが汗、されど汗・・・

これからも汗との戦いは続きそうです。

こちらに多汗症の薬の紹介があります。:多汗症薬

あまりひどい場合は薬をつかってみるのもいいかもしれません。